伝統


知り合いのマダムに誘われ、久々の歌舞伎に行った。今は歌舞伎座が閉まり、東京では新橋演舞場がメインとなっている。この日の演目は、成田屋の十八番勧進帳であった。云わずと知れた、市川海老蔵復帰公演。前回見た時と比較すると、かなり痩せた。その分、動きが良くなったような気がする。どこか凛々しさが出ており、今後の活躍に期待したい。やはり祖国に来たら伝統高芸見なくっちゃ。

伝統 への2件のコメント

  1. Saori より:

    お友達と出掛ける機会があって良かったですね、KCさん。それも歌舞伎とは渋いじゃないですか。歌舞伎って良いですよね。メリハリがあってしっかりと動きが計算されている感じが。昔の人は凄いなぁって思わされます。それをずっと生かしている跡継ぎが居るって言うのも凄い。TVや映画に押されずに残っているのは。歌舞伎俳優さんって本当に昔の日本人らしい古風な顔の人が多いのは何故でしょうか?浮世絵等と比べてもそう思います。やっぱり血筋なのかな?アメリカで暮らしているととっても遠い世界ですね、歌舞伎って。今度又お話ゆっくり聞かせてくださいね。

  2. KC より:

    はい。有難うございます。古典は絶対に残さないといけないと思っています。
    昨日はライブトークショーを伊勢丹でおこない盛況でした。こちらは新しいもの。新旧うまくバランスをとっていくことが重要かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください