ユナイテッド・アローズコラボ3


このビーチシーンは、のどかな感じで、昔のハワイを感じる。今アロハシャツを取り巻く環境も、僕が始めた18年前とは、かなり変化している。今まで普通であったことが、普通でなくなってきた。染めるのに、企画からスケッチ、染め、船で運ぶ工程が、最短3ヶ月あれば可能であった。それが今は6ヶ月でも、時間が足りない。ハワイの縫製工場も人手不足で、大きな注文を受けてくれない。おまけに2024年までに、ハワイの最低賃金を15ドルにすると議会は云っている。最低賃金15ドルにしたら、破綻する中小業があるのがわからない人がやっている。困ったものである。東京で最低賃金、1700円になったらどうであろう。考えなくともわかるだろうに。まあ僕は改めて、やれることをやるしかないと、決意した次第である。しかしこの色早く着てみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください