スパイ


先日高校の後輩が、やってきた。高校の後輩ということは、もう四半世紀前のことである。でも彼氏と、いい感じにやってきた。「どこか行きたい?」と聞くと、即「アリゾナ記念館」というので、連れて行った。その中にちょうど、この写真があった。第二次世界大戦時、ホノルルにいた日本人のスパイだという。何か品があるこの男は、何故遠い祖国を離れ日本語、英語を使いこなし、スパイとして君臨したのだろう。両国間の狭間で、葛藤があっただろうとは想像に難くない。最近自分も「本当はスパイですか?」と、後輩の子供たちに云われている。こんなお気楽なスパイなら良いが、一体彼はどんな人生を歩んだのか、探ってみたくなった。今度調べてみるとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください