コナベイハワイ オーナーKCのブログ

旨いもの


僕は外食産業出身なので、食べることが大好きである。特に安くて、旨いがいい。高くて旨いは、当たり前と捉えている。ホノルルも最近、食べ物に限らず物価が高い。この写真のブリトーは、安くて味は格別である。店に来た方には伝授しよう。旨いは楽しい。

早いもので

2BD4463A-CE16-48AD-936B-ED7CA8FD55E8 早いもので、もう4月です。ここワイキキは雨季もとっくに終わり、陽射しもドンドン強くなっています。これからサウス側のサーフィンのシーズンです。いつかアロハシャツを着てサーフィン出来ればなぁ、なんて事を思っています。 F06D2DD8-1B2B-4096-B0EC-5D37B8ACE607 新元号発表になったみたいで『令和』だそうで、官房長官は“れ”にアクセントを置いてましたけど、僕は大阪に長く暮らしていたので“わ”の方を強く言う感じですかね。 このパームツリー柄のシャツはオリジナルはCisco社製のDuke Kahanamokuです。シンプルなのでサラッと着やすい柄じゃないですか?服装からでも夏を先取りしちゃいましょう! EC32139C-0CA5-49DD-947C-F4AB21C9DFA4    

二つの祖国


ちょうどアカデミー作品賞のグリーンブックと、テレビドラマの二つの祖国を、ほぼ同じタイミングで見た。僕も、二つの祖国を持つ身として鑑賞した。この2つ共通点がないようで、凄く似ていた。アメリカ人としても認めてくれない、また日本人に戻れない主人公。グリーンブックは、白人にもなれず、黒人にも疎まれ、居場所がない主人公。日本では、心情的にボヘミアン・ラプソディなんだろうが、アメリカ人はこれを選ぶだろうと思う作品。今これがアカデミー作品賞を取るということは、まだまだアメリカ社会に、人種差別が残っているということの裏返し。二つの祖国の持つ僕は、昔と違い両方の国に居場所がある。幸せである。

福の神が…..


6年ずっとストアを見守ってくれた、九谷焼の招き猫を、僕の不注意により、木っ端微塵となった。あまり凡ミスをしない僕が、まさかの転落をさせてしまった。弟夫婦が、開店祝いに送ってくれた大型のもの。まあ悔やんでも仕方ないので、次回の日本でまた九谷焼を手に入れようっと。何か良い情報が、あれば教えていただきたい。そしてひとつ、パーキングメーターの話。うちの店の近くのパーキングメーターの料金が、大きく変わっていた。25セントでたったの5分。まあどこの国もそうであるが、取れるところから取ろうという安易な考えは同じらしい(泣)。猫様。お疲れ様でした。

もうどれくらい


もうどれくらい、柄を作っただろうか。もう自分でも、よく把握出来ていない。好調だった柄、あまり動かなかった柄、日本では駄目だったが、ハワイでは良かった柄等々、悲喜交交あった。この写真の柄は、あまり動かなかった幻のもの。でも好きだった。で、9月の新作に向け、図案選びをしているところである。