目出度い


またまた先日書いた、千社札の「橘右之吉師匠」直筆の「令和」色紙が、ゴールデンウィークの最中、恩師より送られてきた。アメリカでは元号は関係ないが、なんとなく目出度い感じがするので飾らしていただく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください